トップ > 地域選択 > アジア > 日本国 > 琉球王国のグスク及び関連遺産群

琉球王国のグスク及び関連遺産群

概要  動画  商品  宿泊  レビュー

名称首里城
琉球王国のグスク及び関連遺産群
Gusuku Sites and Related Properties of the Kingdom of Ryukyu
種別文化遺産 / (ii) (iii) (vi) 
(ii)建築物、都市計画の発展における人類の価値の重要な交流を示す。
(iii)文化的伝統・文明に関する独特な証拠を示す。
(vi)普遍的な価値をもつ出来事,伝統,思想,芸術,文学と明白な関連がある。
2000年
日本国
(首都:東京 言語:日本語 通貨:円 独立年月日:-)
場所
(地図)
緯度:26.22  経度:127.72
関連
動画
日本の世界遺産 2021(2021-09-04)
関連動画をもっとみる
サイトUNESCOの公式サイト
概要琉球王国のグスク及び関連遺産群は、琉球王国時代の遺跡です。琉球王国は、1429年に成立し、1879年に日本の明治政府によって征服され滅亡しました。琉球王国のグスク及び関連遺産群は、首里城、座喜味城、今帰城、勝連城、中城城、玉陵、式名園、斎場御嶽、園比屋武御嶽石門から構成されます。首里城は、琉球王国の政治の中心地でしたが、今は観光客が絶えない場所となっています。
近郊
情報

近くの温泉(外部リンク)
ロワジール那覇温泉(4.8km), 山田温泉(24.8km)



ページトップに戻る