トップ世界遺産の紹介アジア → カンボジア王国
地域別:アジア  オセアニア  中東  ヨーロッパ  アフリカ  北アメリカ  南アメリカ  種類別:自然  文化  複合
基準別:(i)  (ii)  (iii)  (iv)  (v)  (vi)  (vii)  (viii)  (ix)  (x)  

アンコール

概要  地図  写真  ツアー  レビュー  書籍(外部リンク)

名称アンコールワット
アンコール
Angkor
種別文化遺産 / (i)(ii)(iii)(iv)
(i)人類の創造的才能を表す傑作である。
(ii)建築物、都市計画の発展における人類の価値の重要な交流を示す。
(iii)文化的伝統・文明に関する独特な証拠を示す。
(iv)建築様式,景観に関する優れた見本である。
1992年
カンボジア王国
(首都:プノンペン 言語:カンボジア語 通貨:リエル 独立年月日:1953/11/01)
場所緯度:13.41  経度:103.87
サイトアンコールの関連書籍
UNESCOの公式サイト
ツアー最安値ツアー:11,300円
概要

概要
アンコールは、クメール王国(9~15世紀)によって建設された石造りの遺跡群です。この巨大で神秘的な遺跡は、フランス人植物学者が1860年に発見して以来、世界中の人々を魅了しています。アンコールの遺跡は、主に以下のものから構成されます。

アンコールワット遺跡
アンコールワットは、周囲を環濠に囲まれた石造りの巨大な寺院遺跡です。ヒンドゥー教の神ヴィシュヌ神を祀るため、建設されました。寺院内の5本の堂塔は、左右対称には配置されており、見るものの目を引きます。堂塔内部も観光可能ですが、スリルのある急な階段を登る必要があります。一方、寺院内の壁面には、ヒンドゥー教にまつわる彫刻が一面に施されており、圧巻です。アンコールワットは、クメール建築の最高傑作とされています。
アンコール・ワット遺跡

タ・プローム遺跡
ジャヤバルマン七世が建設した仏教寺院の遺跡です。樹木が遺跡に絡みつき、樹木と遺跡との一体化が進んでいます。このため、神秘的で独特な景観が見られます。ここも、アンコール観光には外せないでしょう。
タプローム遺跡

プノン・バケン遺跡
プノン・バケンは小高い丘に位置する遺跡です。ここは絶好のサンセットポイントとして有名です。広大なカンボジアの草原に沈む太陽は誰しもが美しいと感じるはず。他のアンコールの遺跡群を観光した後、夕方に訪れるといいでしょう。
プノンバケン遺跡

アンコールトム遺跡
アンコールトムは、一辺3km、高さ8mの城壁に囲まれた都市遺跡です。アンコールトム内部のバイヨン寺院には、巨大な顔が4面に彫られた長方形の塔が林立し、不思議な存在感を放っています。

近郊
情報

近くの観光地(外部リンク)
アンコールワット(3.3km), 王宮(カンボジア)(19.3km), 国立博物館(19.3km), ツール・スレン博物館(19.3km), シルバーパゴダ(19.3km), アンコールトム(24.5km), トンレサップ湖(69.6km)

カンボジア王国の世界遺産


[宿泊]沖縄市内
[宿泊]屋久島


国選択:インド インドネシア ウズベキスタン カザフスタン カンボジア キルギス スリランカ タイ トルクメニスタン ネパール パキスタン・イスラム バングラデシュ フィリピン ベトナム マレーシア ミャンマー モンゴル ラオス 韓国 中国 北朝鮮 日本 
概要:サイト情報 | リンクポリシー | 運営者情報 連絡先:sekai13net@yahoo.co.jp | Powered by エイビーロードWebサービス
当世界遺産の最安値ツアー:11,300円 ~