トップ > 地域選択 > アジア > 中華人民共和国 > 峨眉山(オーメイシャン)と楽山(ローシャン)大仏

峨眉山(オーメイシャン)と楽山(ローシャン)大仏 概要

概要  動画  地図  商品  レビュー

名称峨眉山(オーメイシャン)と楽山(ローシャン)大仏
Mount Emei Scenic Area, including Leshan Giant Buddha Scenic Area
種別複合遺産 / (iv) (vi) (x) 
(iv)建築様式,景観に関する優れた見本である。
(vi)普遍的な価値をもつ出来事,伝統,思想,芸術,文学と明白な関連がある。
(x)生物の多様性の保全にとって、重要な自然の生育地を含む。
1996年
中華人民共和国
(首都:北京 言語:中国語 通貨:元 独立年月日:-)
場所
(地図)
緯度:29.73  経度:103.36
関連
動画
【世界遺産】楽山大仏。いくらなんでもデカすぎるだろ The Leshan Giant Buddha is indeed too huge. 【UNESCO World Heritage】(2022-08-14)
関連動画をもっとみる
サイトUNESCOの公式サイト
概要峨眉山は、四川省の中南部に位置します。その標高は、3099mです。峨眉山には、猿をはじめ多くの動植物が生息しています。また、峨眉山の山中には、多くの仏教寺院と、50km以上の石段の道が築かれています。一方、楽山大仏は、峨眉山から約20km下った地点の川沿いに存在します。楽山大仏は、世界最大の大仏で、高さ71m(東大寺の大仏の約3倍)にもなります。楽山大仏は、西暦713年(唐の時代)に、川の氾濫を鎮める目的で、建設が開始されました。
近郊
情報

近くの観光地

成都の街(146.9km)


ページトップに戻る