トップ世界遺産の紹介アジア → バングラデシュ人民共和国
地域別:アジア  オセアニア  中東  ヨーロッパ  アフリカ  北アメリカ  南アメリカ  種類別:自然  文化  複合
基準別:(i)  (ii)  (iii)  (iv)  (v)  (vi)  (vii)  (viii)  (ix)  (x)  

パハールプールの寺院遺跡

概要  地図  写真  ツアー  レビュー

名称パハールプールの寺院遺跡
Ruins of the Buddhist Vihara at Paharpur
種別文化遺産 / (i)(ii)(vi)
(i)人類の創造的才能を表す傑作である。
(ii)建築物、都市計画の発展における人類の価値の重要な交流を示す。
(vi)普遍的な価値をもつ出来事,伝統,思想,芸術,文学と明白な関連がある。
1985年
バングラデシュ人民共和国
(首都:ダッカ 言語:ベンガル語 通貨:タカ 独立年月日:1971/12/01)
場所緯度:25.03  経度:88.98
サイトUNESCOの公式サイト
ツアー最安値ツアー:なし~
概要パハールプールの寺院遺跡は、首都ダッカの北西190kmに位置します。パハールプールの寺院遺跡は、8世紀頃、パール朝によって建設されたソーマプラ僧院の遺跡です。ソーマプラ僧院は、177の僧坊を持つ大寺院でした。ソーマプラ僧院の中庭には、かつて大塔がありましたが、ピラミッド状の土台部のみ残っています。

バングラデシュ人民共和国の世界遺産



国選択:インド インドネシア ウズベキスタン カザフスタン カンボジア キルギス シンガポール スリランカ タイ トルクメニスタン ネパール パキスタン・イスラム バングラデシュ フィリピン ベトナム マレーシア ミャンマー モンゴル ラオス 韓国 中国 北朝鮮 日本 
Web Services by Yahoo! JAPAN
概要:サイト情報 | リンクポリシー | 運営者情報 連絡先:sekai13net@yahoo.co.jp | Powered by エイビーロードWebサービス
当世界遺産の最安値ツアー:なし~