トップ → 京都旅行 → 金閣寺 (訪問日:2008年1月)

金閣寺

金閣寺 2008年1月 訪問記

金閣寺は、金色をした金閣(舎利殿)が有名なお寺です。1994年には「古都京都の文化財」の構成物件として世界遺産に登録されました。金閣寺に到着した時、小雪が舞っていてなかなか風流でした。

1397年に足利義満は、この地にあった山荘を西園寺家から譲りうけ金閣や庭園が建設しました。義満の死後、臨済宗の禅寺となり「鹿苑寺」と呼ばれるようになります。

金閣の1階は寝殿造、2階は武家造、3階は中国風の禅宗仏殿造となっています。金閣の2階と3階の外壁には、金箔がうるしの上に張られています。また、屋根の頂点には、これまた金色の鳳凰が飾られていいます。

庭園を遊覧していると、徐々に晴れてきました。雲間からさす西日があたった金閣は、とても美しかったです。
舎利殿

金閣の前には、鏡湖池と呼ばれる池が設けられています。風のない日の鏡湖池の湖面には、鏡のように金閣が映し出されます。運よくきれいな写真が撮影できました!
金閣寺と鏡湖池

金閣寺 アクセス

京都駅から、金閣寺行きの市バスが出ています。

京都の世界遺産訪問
  1. 金閣寺
  2. 銀閣寺
  3. 二条城
広告

サイト情報 | 相互リンク募集中 | 運営者情報 | 連絡先:sekai13net@yahoo.co.jp