トップ → 世界遺産の紹介 → 鉱山編

世界遺産の紹介 鉱山編

世界遺産には、鉱山とその町が登録されている例があります。鉱石や宝石好きのみならず、いずれの物件も興味深いので紹介したいと思います。日本の鉱山関連の世界遺産は2006年12月現在、残念ながら登録されていませんが、島根県の石見銀山が世界遺産登録を申請中です!

鉱山の世界遺産を分類すると、①現在も鉱石の採掘が行われている物件、②採掘はされていないが町は存続している物件、③採掘もされず町も捨てられゴーストタウンになっている物件に分かれます。③のゴーストタウンの例としては、2005年に世界遺産に登録されたチリのハンバーストーンが挙げられます。石見銀山は、採掘はされていないが町は存続しているので、②に分類されるでしょう。

また、鉱山の側に鉱山街が形成されるという特徴から、立地条件が特殊な場合が多いです。例えば、ボリビアのポトシは、富士山山頂より高い場所に位置する都市で、なんと標高4000mの場所にあります。空気うすそー!

一方、その歴史をひもとくと、いくつかの物件は、ヨーロッパ列強の植民都市として発展しています。その典型的なパターンとしては、南米などに進出したスペイン人が、金脈や銀脈を発見し、そこに街をつくって採掘場および精錬工場をつくるというパターンです。先例のポトシやメキシコのグアナファト、などがその例に挙げられます。

名称 説明 詳細
古都グアナファトと近隣の鉱山群 メキシコ スペインが開発した銀山 概要  衛星写真  ツアー
ポトシ市街 ボリビア スペインが開発した銀山。標高4000mに位置する 概要  衛星写真  ツアー
ヴィエリチカ岩塩坑 ポーランド 岩塩坑の中には教会あり! 概要  衛星写真  ツアー
レーロース ノルウェー 1644年から1977年まで採掘された銅鉱山 概要  衛星写真  ツアー
ハンバーストーンとサンタ・ラウラの硝石工場 チリ 硝酸ナトリウムを採掘。現在はゴーストタウン 概要  衛星写真  ツアー
ランメルスベルク鉱山と古都ゴスラー ドイツ ランメルスベルクは、1000年もの間、採掘された鉱山。 概要  衛星写真  ツアー
バンスカー・シュティアヴニツァ スロバキア 12世紀~18世紀にかけて栄えた鉱山都市 概要  衛星写真  ツアー
石見銀山 日本 1309年に発見されたとされる日本有数の銀鉱山遺跡 概要  衛星写真  宿泊

サイト情報 | リンクポリシー | 運営者情報