トップ世界遺産の紹介アフリカ → モロッコ王国
地域別:アジア  オセアニア  中東  ヨーロッパ  アフリカ  北アメリカ  南アメリカ  種類別:自然  文化  複合
基準別:(i)  (ii)  (iii)  (iv)  (v)  (vi)  (vii)  (viii)  (ix)  (x)  

アイット-ベン-ハドゥの集落

概要  地図  写真  ツアー  レビュー  書籍(外部リンク)

名称アイット-ベン-ハドゥの集落
Ksar of Ait-Ben-Haddou
種別文化遺産 / (iv)(v)
(iv)建築様式,景観に関する優れた見本である。
(v)ある文化を特徴づける伝統的集落や土地・海洋利用、人類と環境の相互作用を示す例である。特に存続が危うい場合。
1987年
モロッコ王国
(首都:ラバト 言語:アラビア語、仏語 通貨:ディルハム 独立年月日:1956/03/01)
場所緯度:31.05  経度:-7.13
サイトアイット-ベン-ハドゥの集落の関連書籍
UNESCOの公式サイト
ツアー最安値ツアー:82,000円 詳細
概要

アイット・ベン・ハドゥの集落は、モロッコ中部にある要塞集落である。

アイット・ベン・ハドゥの集落にある建築物は、城壁を彷彿とさせる外観で、 その建築素材には赤土できている。町への入口は限られており、外敵の襲撃に備えた高い防御性を持つ。 アイット・ベン・ハドゥの集落は、南モロッコにおける伝統的な建築物の良い例である。 この集落を建設したのは、ベルベル人である。建設が始まった時期は明らかになっていない。

近郊
情報

近くの観光地(外部リンク)
アイト・ベンハッドウー(0.5km), マラケシュ(102.9km)

モロッコ王国の世界遺産


[宿泊]沖縄市内
[宿泊]屋久島


国選択:アルジェリア アンゴラ ウガンダ エジプト・アラブ エチオピア エリトリア ガーナ カーボベルデ ガボン カメルーン ガンビア ギニア ケニア コートジボワール コンゴ共和国 コンゴ民主共和国 ジンバブエ スーダン セーシェル セネガル タンザニア チャド チュニジア トーゴ ナイジェリア ナミビア ニジェール ブルキナファン ベナン ボツワナ マダガスカル マラウイ マリ モーリシャス モーリタニア モザンビーク モロッコ リビア 中央アフリカ 南アフリカ 
Web Services by Yahoo! JAPAN
概要:サイト情報 | リンクポリシー | 運営者情報 連絡先:sekai13net@yahoo.co.jp | Powered by エイビーロードWebサービス
当世界遺産の最安値ツアー:82,000円 詳細~